p b c
design by pilorquetch
文化庁を潰すべきだと思う。 文化庁は本来何をなすべき機関で あるべきだったのか、 歌舞伎がはたして国民の文化的生活に 役立っているだろうか、 この国の子供が育つ環境を考えたい。 10代になってすぐに人は 自分をとりまく文化を吸収しはじめる。 これまでの世代ではテレビが空気を 作ってきた、テレビの考えることは 自然と一般民衆の空気として 浸透してしまった。 しかし、今やテレビは スマートフォンにすっかり圧され ネット時代だ、 そこで人々が一番接するものは ポータルサイトになる、 ポータルサイトがすごく問題。 ポータルサイトには欠けている ものがありすぎて このままでは青少年の健全な 育成に支障する。 内容があまりにも画一的すぎて、 視野狭窄である。 そして、ことにYahooポータルにおいては 怒りや暴力に関する内容を好んだ記事が 目立つのと、コメント欄があまりにも 作為的に作られすぎている。 ネットのポータルサイトは 皆が見るものだけにその影響力は 強い。このままでは駄目だ。 国が次世代の育成、また、 この時代に生きる大人達のために 文化庁が仕事をするべきだ。 ポータルサイトに文化的な記事が まったくない、 本を読んだ書評とか、文学に関する 記述がまったくない。 再度申しますが、ポータルサイトが あまりにも視野狭窄すぎる、 文学や芸術、そういう内容のものでは、 アクセス率が取れないという理由ならば それは間違っている。 さまざまな価値観をユーザーに教え、 その教え与えた価値観を育て あらたな収益にしてゆくのが マスコミュニケーションの一角である ポータルサイトがしなければならない ことだ、 このままでは日本国民が 白痴になってしまう。 文化庁が仕事をしていない、 日本には幸福が足りないのだ、 日本の幸福度がまだまだ低い。 幸福をもっとふやさなければ ならない。
IMG_20220915_101251